忍者ブログ
Home > 制作 > 白い壁に浮んだもの

白い壁に浮んだもの

今年は正月明けから病院で過ごした。


戦争でも起こらない限り、多くの人は室内で最期の時間を過ごすことになる。
最期の部屋に飾ってもらえるような作品が描けたらと常々考えているものの、それが一体どういうものなのかは良く判らない。

病院内の白い壁を眺めながら、どんな絵を眺めたいか考えた。



PR

ブログ内検索

メールフォーム

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17
18 19 20 22 23 24
25 26 27 28 29 30